投薬の効果

2019-07-10

投薬 いらすとや

自分自身は現在、発達障害向きの薬をここ2-3年はとめている、んだが。ちなみに処方されている薬は『ストラテラ』である。周囲などが「効果があった」と言ってる『コンサータ』を試してみたいと主治医に訴えていたのだがあまり検討してもらえなかった。現在は問診他めんどうなので通院すらサボっている状態である。

今日もまたコンサータがよさげに見える記事見かけたのでリンクしとく。

【衝撃】ADHDさん、薬を飲んだ途端にスプラトゥーンが上手くなる

ストラテラ

// 成人ADHDに対するシステマティックレビューは、偽薬に比較して小さな効果で中止率も多く、利益と危険性のバランスが悪いため使用の推奨は弱いと結論された。 //

上記のwikiからの引用だと「成人発達障害者に対してあまり効果はない」と読めるんだがどうだろう。

 

自分自身の経験

よく副作用として「食欲不振」「吐き気」などが上げられるようだが、自分が試し始めたときにはあまりそういったことに悩まされることがなかった(副作用が少ない=薬理効果も低い?)。毎日飲まないといけないのが面倒なのだが…

プラセボかなにかはわからないがしばらく続けているときは飲まないと不安な時期もあった。

効果としては強いて言えばストレス耐性が上がっているかも…いないかも…といった感じだ。明確にメリットを実感できない。

コンサータ

//メチルフェニデートは中枢神経刺激薬である。ADHD を持つ子供には鎮静効果があり、衝動的行動や行動化の傾向を軽減し、学校生活や他の作業に集中できるようにする。ADHD をもつ大人の多くは、メチルフェニデートによって仕事に集中したり、生活にメリハリをつける能力が向上させることができる。また、ADHDの薬としてストラテラ(一般名アトモキセチン)があるが、実際に感じる効能は、コンサータと全く異なるようである。//

引用のメチルフェニデート=コンサータ(薬品名)

発達障害

Posted by muimui